【山形県名物】芋煮の作り方~長野県風~

9月に山形県のイベント「芋煮会」の記事を書いた際。

【山形県の郷土料理】の味を確かめたくて「COOKPAD」を参考に作って見ました。

その時の味が、家族に大ウケになり「我が家の定番メニュー」に(^^♪

【我が家流になった芋煮】の作り方を分かり易く解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

揃えた材料

【買ってきた物】3人前分

 【費用は、1160円でした】

■里芋・・・・・・・・300g

■こんにゃく・・・・・1枚

■長ネギ・・・・・・・1本

■舞茸・・・・・・・・一株

■牛肉切り落とし・・・200g

【調味料】

 【無添加の調味料です】

■水・・・・・・・1800cc

■昆布だしつゆ・・お玉1杯

■てんさい糖・・・大さじ3

スポンサーリンク

作り方

★里芋を一口大に切る。

★こんにゃくを一口大に切る。

★ネギを斜めに切っておく。

★舞茸をほぐしながら鍋に入れて、長ネギを先に鍋に入れる。

 【3分煮る】

★牛肉以外の材料を入れて更に煮込む。

 【蓋をして4分煮る】

★灰汁を取り除きながら、調味料をいれていく。

 【蓋を取り調理していく】

★野菜に火が通ったら牛肉を入れて灰汁を丁寧にすくう。

★味を見ながら、里芋に火が通るまで5分間煮る。

★完成で~す(^^)/

スポンサーリンク

あとがき

我が家では、息子に食物アレルギーがあります。

なので「オーガニック」の調味料しかありません。

手軽に作りたかったので出来合いの調味料を使いました。

本来は、締めに「カレールー」と「うどん」を入れるすが。

息子の体調が悪く食欲不振。

そんな時に「芋煮なら食べたい!」と言ってくれました。

ここ数日しっかり食べていなかったところに「刺激物」を食べさせる事が出来ません。

しかし、美味しい「おつゆ」を余すところ頂きたい為。

翌朝に「雑炊」にしても美味しいので食べさせようと思っています。

山形県の郷土料理は、胃に優しく病気療養中の身体の滋養になったようです。

主婦として、母として有難く頭の下がる思いの逸品ですね。

山形県の郷土料理ですけど、既に「我が家流」に変化されていて「長野県風:芋煮」と言う感じですね(^^♪

そうは言っても「芋煮」の事を知ったのが今年の9月末でした。

本場の味は、食べた事がないため来年の「芋煮会」へ参加して本場の味を確かめたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする