【前代未聞】北陸新幹線に立ち入り・桜井捷一容疑者(77)を現行犯逮捕・長野県東御市のJR北陸新幹線

5日夜遅く、長野県東御市のJR北陸新幹線のトンネルに立ち入ったとして桜井捷一容疑者77歳が現行犯逮捕されました。

日本の新幹線安全神話が覆される、前代未聞の珍事件に鉄道マニアの筆者も驚きました。

どれだけの人々に影響が出たのかを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

長野県立科町の農業・桜井捷一容疑者は午後11時33分ごろ、東御市御牧原の御牧原トンネルの中でJR北陸新幹線の線路に立ち入った疑いが持たれています。

JRの職員が現場で桜井容疑者を発見して取り押さえ、JR上田駅で警察に引き渡しました。

この線路内立ち入りで、北陸新幹線は上下16本に運休や遅れが出て9240人に影響が出ました。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

新幹線の線路内に立ち入るという珍事件に早朝から驚きました。

どの様に侵入して来たのかが、まだ詳しい情報が入っていません。

77歳と言う年齢から認知機能の低下なども考えられますね。

16本に及ぶ新幹線の運休・遅れで9240人に影響が出たとなると賠償額が気になります。

お子さんや、お孫さんがいたとするならばご家族にとって遣り切れない。

鉄道がからむ事件は、そのあたりが怖いところでもあります。

この様な事件を起こさない為の対策を【安全の大国・日本】でも考えていかねばならない事案であると思います。

スポンサーリンク

事件の現場

JR北陸新幹線東御市御牧原の御牧原トンネル

スポンサーリンク

ネットの反応

■動機はわからんが、死のうと思うて死にきれなかったってところか?あんなところ、歩けんよ。

何れにせよ新幹線特例法で厳しく罰するべき。

新幹線の線路で、77歳が入り込めるような場所があったのだろうか。

フェンスを乗り越えるぐらいの運動能力があるなら別だが。

軽井沢駅は新幹線が停車してからゲートが開くけど、佐久平駅は新幹線がまだ停車していないのに開いているのを見たことがある。
停車してからじゃないと意味がないような。。。

認知症でも健脚という困った老人ですね。取り調べでも訳のわからないこと言ってるようだし家族にも恵まれて無かったのでしょうか。一人にしたらまずいですね。

長寿大国を手放しで喜んでる場合ではないな

認知症かなんかかなー。しかしわけもわからず新幹線の線路に入り込むとは思えんしなー。

300kmが至近距離を通過する。考えただけで恐ろしいわ。

北陸新幹線での運行妨害と言えば過去には線路内で撮影しようとして列車にはねられた事件がありましたが、今回は自殺志願者だったのでしょうか?
何れにしてもJRの関係者の皆様や列車の利用者の皆様が大迷惑だった事は間違いないですが。

認知症の徘徊老人だとしたら、野放しにしてはいけない人。
今後も増える案件だね。国策で認知症の老人を専用の施設に入所させるなどの対策を考えなくてはいけない時代が来るかも。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする