【裁判】斉藤久美子被告(90)死亡事故から反省「もう運転しない」~画像あり~

無職の斉藤久美子被告(90)は、4人をはねて女性1人死亡、男女3人にけがをさせた過失運転致死傷の罪に問われる。

初公判で「申し訳ない。今後、運転は二度としない」と謝罪した。

高齢者による乗用車での事故が後を絶たない昨今。

事故が起きてから、今回の初公判までの成り行きを出来るだけ調べてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

裁判の概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

検察側は冒頭陳述で、斉藤被告が「赤信号を看過して交差点に進入した」と指摘。弁護側も事実関係については争わないとした一方、斉藤被告が被害者らに対して謝罪文の送付や見舞金などを提案していたなどと言及し、情状面の考慮を求める姿勢を示した。

斉藤被告は車いすに乗って出廷。被告人質問で、事故当日は同県湯河原町での1泊旅行からの帰りで自ら運転して茅ケ崎と湯河原間を往復していたことを明らかにした。

事故前に免許更新をしていたことなどから「運転に関して特に心配していなかった」とした一方、家族から「『年だから運転をやめた方がいい』と言われており、言う通りにしておけばよかった」と述べた。

引用:https://www.iza.ne.jp

免許証更新をしたからという事で遠出をした斎藤被告ですが。

赤信号も無視してしまう程に認知度が低下していたのは、90歳と言う年齢から否めない事実です。

事故を起こす前から「家族が免許証の返納を促していた」話しを聞き入れていれば、起きなかった事故で未然に防げる手立てはありました。

 また、亡くなった女性=当時(57)=の弟が意見陳述し、「毎日、姉のことを思い続けている。姉の遺影もつらくて見られない」と涙を浮かべた。

引用:https://www.iza.ne.jp

いくら反省をして謝罪したからと言っても「市内の松浦久恵さん(57)」は生き返る訳ではない。

遺族のお気持ちを考えると、複雑な気持ちになるのは…筆者だけだろうか?

スポンサーリンク

斎藤久美子被告プロフィール

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

■名前/斉藤久美子(さいとうくみこ)

■年齢/90歳

■職業/無職

■住所/神奈川県茅ケ崎市若松町

■家族/詳細不明

スポンサーリンク

事故の現場

スポンサーリンク

ネットの反応

政府にも責任あると思うよ
前から言われてるけど免許返納の年齢上限の制定を早急にやらないと類似事故は無くならないよ

被害者の方が不憫でならない

この人って赤信号を見落としたのではなく敢えて無視したんですよね?息子は高齢を理由に執行猶予を求めてるんですか?高齢でも運転免許の返納はしなかったのならば、この状況はこの人本人が招いた結果なのですから年齢に関係なくきちんと罪を償わせましょう。
高齢者の運転免許返納の話題で地方は不便だから無理という意見が必ず出ますが、不便だから5歳や10歳の子供に運転免許を取らせることがありますか?それと同じだと思いますが。

高齢者の運転免許失効の法整備を早急にすべき。日本政府は企業や高齢者にゴマをすってる場合ではない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

まとめと余談ですが…

実は、筆者の父親も82歳と言う年齢で、ブレーキ・アクセルの踏み間違いの物損事故を起こしています。

その時に、ようやく【免許証の返納】を聞き入れました。

実際、人身でしたら同じようになっていたでしょう。

我が家も、物損だから…といえども他人事ではありません。

この事故だけでなく、このような記事を書き続けなくても良い対策を【政府・自治体】で規制すべきです。

これ以上の、犠牲者を…私は見たくありません。

この悲しい事故を機会にして、私たちの意見を「若輩者の戯言とは頑なに」思わないで。

次は、自分かも知れない!くらいの気持ちで「早めの返納」をお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする