【東京・葛飾区女子大生殺人事件】廣瀬晃一容疑者トラブルの全容明らかに~何とも短絡的な理由に愕然~

東京・葛飾区の女子大生の菊池捺未さん(19)が殺害された事件で、逮捕された広瀬晃一容疑者(35)が、犯行に及んだ理由が分かってきました。

広瀬容疑者は、女子大生との間に「トラブルがあった」と供述。

そのトラブルの内容が気になりますね。

どうやら「お金」だけの理由ではない事が、分かってきましたので全容を明らかにして行きたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

広瀬容疑者(35)は、インターネットの掲示板で知り合った東京・葛飾区の女子大生菊池さん(19)を、茨城・神栖市の畑に殺害後に遺棄した罪に問われています。

菊池捺未さん(19)が、11月20日の午後6時ころに広瀬晃一容疑者(35)と茨城・神栖市内のコンビニ付近で出会う。

車で広瀬容疑者(35)の自宅に向かうが、その時目隠しをされていたという。

その後、再び出会うも広瀬容疑者の自宅に向かう際に菊池さんを置き去りにした。

この時、菊池さんはお金を持っておらず東京に帰ろうにも帰れない状況になったという。

広瀬容疑者と、はぐれた菊池さんは、広瀬容疑者の自宅を尋ねながら向かい出会うも、2人は車に乗って出かける。

広瀬容疑者は、コンビニでお金を下ろそうとして、その後にトラブルになり菊池さんは絞殺されてしまい、付近の畑に遺棄されてしまった。

スポンサーリンク

トラブルの内容

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

広瀬晃一容疑者(35)は去年11月20日ごろ、神栖市の畑近くの土の中に女子大学生の菊池捺未さん(当時18)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、広瀬容疑者は「(菊池さんに)あなたのことを拡散しますと言われ、携帯(電話)を取ろうと思ったら騒がれた」と供述していることが分かりました。2人はインターネットの掲示板サイトで知り合い、金銭トラブルがあったとみられています。警視庁は広瀬容疑者が「拡散する」と言われて逆上し、犯行に及んだとみて調べています。

引用:https://news.tv-asahi.co.jp

広瀬容疑者は、掲示板を利用して出会うも、お金をあまり持っていなかったとも言われています。

19歳の菊池さんを、わざわざ東京から招き出会うも、目隠しをするという不可解な行動に、この事件は偶然だったのかと疑わざるを得ない。

「ここで待っていて」と広瀬容疑者の車から降ろされてしまい、帰ろうにも金銭を持っていない状況であれば接点のある広瀬容疑者を頼らざるを得ない。

この時、菊池さんを東京まで帰らせるだけの金銭を所持していたのかも考えてしまいます。

警視庁は、広瀬容疑者が「あなたの事を拡散する」と菊池さんに言われカッとなり逆上し「首を絞めて殺してした」とトラブルの理由を供述。

~追記・トラブルの真相

昨年11月20日、午前中に大学の授業に出席した菊池さんは、午後3時ごろ、ひとり暮らしをしているマンション最寄りのJR綾瀬駅からJR鹿島神宮駅へ向かった。2人に面識はなかったが、一部週刊誌は、廣瀬容疑者が菊池さんに、会うだけで数十万円の報酬を支払うと条件提示していたと報じている。

引用:https://www.jp

何故に、菊池さんは廣瀬容疑者に拘ったのかが、不可思議に思っていたところへ それらを裏付ける情報が入ってきました。

なんと!菊池さんは、広瀬容疑者から「一緒にいてくれたら30万円を渡してあげる」と提示されていたという。

諸説理由のある中で、少なくとも10~30万円もの大金を突き付けられたら別にいい男であろうとなかろうと19歳の女性にとっては魅力的な金額である。

そのために、菊池さん遠く離れた茨城・神栖市まで片道のお金しかもっていなかったのも頷けるのではないでしょうか?

一方の広瀬容疑者は、10~30万円のお金を所持しておらず、払えないが為に「目隠し」「帰り道で置き去り」にしてうやむやに終わらせようとしたという。

菊池さんが、都心からわざわざ、好みでもない男に従う事を選んだ理由が明白になりましたね。

そして、この事実を「拡散して欲しくないなら!!」と騒いだのも頷ける。

トラブルを生んだのは、広瀬容疑者自身であるものの・・・。

菊池さんにに非がないとは、言えないが広瀬容疑者は35歳の大人である。

接点を持つのであれば、相手の事を思いやる気持ちや責任が必要です。

このように、目の前にある事から直ぐに逃避してしまう性格が今回の事件を起こしてしまったのではないかと筆者は思っている。

そして、相手の見えない中での出会いは「決して安全ではない」事を若い女性たちにも伝えたい。

スポンサーリンク

~追記・廣瀬晃一再逮捕

菊池捺未さん(19)の殺害について再逮捕となった廣瀬晃一(35)の供述によると、車の中で殺害したことが分かりました。

ネットの掲示板を使い捺美さんを呼び寄せるも、お金を持っていなかった事実を告げたところ

「話が違う」と捺美さんが騒ぎ出したため、鼻と口を押えて黙らせようとした。

すると、捺美さんが動かなくなったという。

その後、遺棄した現場を50cmくらい穴を開けて埋め、所持していたバッグを近くの川に捨てた。

捜索で捺美さんの所持品が見つかったが、携帯電話だけは発見されていないそうです。

手掛かりになる携帯電話について引き続き広瀬容疑者に聴取する方針である。

~追記・現在、広瀬容疑者は、黙秘権を使い続けているという。

スポンサーリンク

ネットの反応

逃げ場の無い車内で、男性と2人だけの状態で、相手を逆上させる様な事は、言わない方が良い。

掲示板で知り合った初対面で金銭トラブルって。初対面で男の部屋に行くとか、うがった見かたかもしれんが、援交とかパパ活を考えても不自然じゃない。行為後にハゲが金払わず、女が逆上して「拡散する!」。ありがちに思うが。

パパ活と言う名の「売春」が今流行ってますが。

知らない人間に会うことの怖さをよく理解した方がよい。

現実に会っている本人に向かって「拡散します。」と言ったのが本当であれば、現実とネット世界を混同してしまっている気がする。
煽る前に、とにかく、逃げなきゃいけなかったんじゃないかな。

本当にお金なくて払えないかもしれないのに、そんなに追い詰めてどうする…警察に言えないのはわかるが、近所の住人に相談したり執念がすごい。余程嫌でも頑張ったんだな…

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

あとがき・余談ですが…

この度の事件だけでなく、ネットを介しての出会い・交際のすべてを否定するわけではありませんが…。

私の記事では、少しピリ辛なコメントを選ばせていただいた。

パパ活、援助交際には、大きな落とし穴があります。

優しさや、お金目当ての出会いというのは、日本の至る所で行われていますし、若い人たちはSNSや、掲示板…に対しての抵抗感が低いのは時代の背景だとも思う。

様々な経験をして大人になっていくのだとも思う中で、出会う男性の年代をしっかり見つめて欲しいとも思います。

30~40代の中堅世代は「今まで培ってきたものを失いたくない」慎重世代ともいえる。

そんな中で、仕事も休みがちな気の弱い男性との出会いは「とても危険」だということ。

18~19歳でその眼力を身に付けるのは、難しいですね。

だからと言って菊池さんだけを責める気はない。

周りの友人たちもフォローできたはずだとも思います。

もし、時代の流れに身を任せるのであれば危機管理能力も身に付けるようネット社会に波及すべきではないだろうか?

愛娘を失った菊池さんのお父さんが憔悴しきっているとも情報があります。

当然です。

本当に遣り切れない事件で失われた菊池捺未さんの御霊が天国へ行けますよう

ご冥福をお祈りいたします。

最新ニュース

【レオパレス21】施工不良問題は何故起きたのか?会員制度が原因か?!

【怒り心頭】レオパレス21施工不良で強制退去?住人の生活保障・確保できるのか疑問が拭えない

関連ニュース

【殺人未遂】中村英男容疑者(81)逮捕・消火器で殴打~栃木・益子町の高齢者施設

茨城・神栖市女子大生不明事件・廣瀬晃一容疑者逮捕~顔画像は?動機は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする