【事故】東京・千駄ヶ谷・明治通りローソン前~高齢ドライバーの車暴走・歩道突っ込む~ 7人重軽傷・画像あり~

、高齢者ドライバーによる乗用車の事故が相次ぎます。

東京渋谷区で、79歳の高齢ドライバーによる交通事故が起きてしまいました。

速報につき、情報が入り次第に詳しい内容をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

事故の概要

引用:https://news.tbs.co.jp

16日午後1時半過ぎ、東京のJR新宿駅近くで70代の男性が運転する乗用車が歩道に乗り上げ、歩行者を次々とはねました。男性を含めて7人がけがをしていて、うち2人は重傷だということです。警視庁は事故の原因を調べています。(16日14:15)

引用:https://news.tbs.co.jp

16日午後1時半ごろ、東京・渋谷区千駄ケ谷で歩道に乗用車が突っ込んで7人がけがをしている。

東京消防庁などによりますと、けがをしたのは乗用車の運転手や路上を歩いていた男女合わせて7人で、病院に運ばれました。

警視庁からの情報ですが、歩行者の男性(80)、女性(21)の2人が重傷だという事です。

いきなりの出来事に、避け様のない状況であったと思われます。

一部の情報によりますと、高齢者男性(79)の方は、運転中に意識を失っていたのではないかと心配されている模様。

後から入ってきた情報ですが、79歳の高齢ドライバーに原因を聞くことが出来た。

運転しながらペットボトルのお茶を飲んだ際に、むせて吐いてしまいアクセル・ブレーキを踏み間違え気が付いたら車が突っ込んでしまったという。

その後の「記憶はない」とのことです。

親戚の葬儀へ向かう途中でしたが、むせてフロントガラスに吐いてしまった事で勢いのまま走っていた車線の反対側の歩道に乗り上げてしまった。

高齢のドライバーによる事故が多発していますが、目から入った情報を脳に伝達するのが瞬時に出来なくなることが考えられます。

運転に自信があっても、ながら運転はせずに安全な場所へ停車させてから飲食すべきではなかったかと思います。

引用:https://news.tbs.co.jp

命に別状はないというものの運転していた男性も重傷で入院している、大変な事故になってしまいました。

警視庁は、乗用車の運転手していた男性の回復を待って詳しい事情を聴くなど当時の状況を調べています。

スポンサーリンク

事故の現場

■場所は、東京・千駄ヶ谷【ローソン千駄ヶ谷五丁目店】の目の前

引用:https://www.google.com

千駄ヶ谷・明治通り五丁目のローソン前という事で、繁華街ですし人通りも多いという。

新宿高島屋のちょうど裏側という事で歩行者は、もちろんですが自転車等の往来が激しい。

警視庁は男性の回復を待って事情を聴き、過失運転傷害の疑いで調べる方針です。

一時は、コンビニエンスストアーローソンに突っ込んだという情報も錯そうしたようですが、正確には店舗前でお店に突っ込んだという話を聞いたため調べましたが。

そのような情報は、見つかりませんでした。

もし、店舗に突っ込んでいたら「もっと甚大な事故になっていた」とも言われているようです。

スポンサーリンク

ネットの反応

79歳…。
医療が良くなり寿命が延びて高齢化が進んだ結果、何時か自分も事故に巻き込まれるんだろうな…。
高齢者が運転したい気持ちも分かるが、いい加減気付いて欲しい。
衰えていると云う事を…。

高齢者の事故が絶えませんね。
年々、事故の内容が大きくなっていきますね。
またか、、。でいつも済ましているのは
よくないと思います。
大きな事故があって少しの対策を半年から1年かけてしていく。
間に合わないよ。

事故1時間前に歩いてた歩道だ。昼食べて移動してたらちょうどだったかもしれない。
そう考えるといつどこから車が飛び込んでくるかわからない。
歩道だから安全という時代ではなくなったのですね。
高齢になった方の免許更新については費用はかかるけど、毎年行っていく等、策を講じてほしいね。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

筆者の父親(82)、母親(80)にも、つい最近に免許証の返納をしてもらいました。

始めは、全く聞き入れる事がなく 説得に時間はかかりましたが。

返納してしまいうと「様々なサービス」を受けられると「早めに返納すべきだった」と言っています。

まだ、検討している方も反対している方も、一度最寄りの免許センターに相談してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク