【手芸をしよう!】初めてだけどトートバッグを作って見よう!

つい最近、お気に入りのバッグが壊れてしまいました。

使い慣れているバッグですが「持ち手」が切れてしまい本格的な修復は不可能!

そこで「こんなバッグがあったら良いなぁ~」(*‘∀‘)

と、ショッピングに出かけるも?

同じ大きさで、使いやすい「バッグ」を探しても見付からなかった為

「よし!自分で作って見よう!!」

しかし、裁縫は苦手ではないのですが本格的なものは、子どもの保育園以来作っていません。

でも、考えて作るのは嫌いどころか、好きなんで「初挑戦します(^^♪」

果たして、どんなバッグが出来たのか?

その過程をご紹介しますね♪

スポンサーリンク

デザインを描いてみよう

先ずは、設計図となるスケッチをしました。

「横32cm×縦26cm×マチ10cm」

こんな感じのトートバッグを作りたいです(^^♪

自分の理想を描かないと材料の調達も出来ません。

作るために、持っている小さめのトートバッグ参考にしましたよ。

たくさんの荷物を入れられるように、大きくて丈夫なトートバッグを作ります。

「大きく・初心者でも出来る」コンセプトにしました。

スポンサーリンク

材料を揃えましょう

なんといっても「低予算」で作りたいので、予め家にある物以外は100円shopにて買い物を済ませました。

【買ってきた材料は下記写真をご覧くださいね】(^^♪

 かかった費用:648円でした。

■生地(90×50)が1点

■カバンテープ100cmが2点

■同色のミシン糸が1点

■裏地になる不織布35×50cmが1点

■念のためのチャコペーパーが1点

☆ルレッターは写メに移り込んでいますが家に有ったものです。

全て100円shopで揃えましたが、デザインした通りの無地の茶色生地だけは揃いませんでした。

その辺は、妥協して揃えられる物で試しに作り、上手く出来たら「拘って」見たいと思います。

【家で用意した物】

 全て小学生の時に揃えたモノです( *´艸`)

■ミシン■裁ちバサミ■糸キリバサミ

■リッパー■しつけ糸■木綿針■マチ針

スポンサーリンク

実際に作っていきましょう♪

「横32cm×縦26cm×マチ10cm」のバッグを作ります(^^)/

■生地を広げて「チャコペン」「チャコペーパー」で印しを付けて行きます。

■半分に折り畳み型を付けます。

■ずれない様に「マチ針」でしっかり止めます。

端↑↓輪

「端」「輪」をズレない様に「マチ針」でしっかり固定します。

■いよいよ「裁断」して行きます。

【ポイント】

生地がギンガムチェックなので、目に沿って裁断するとキレイに仕上がります。

■パーツが出来ました。

★上がバッグの底

★真ん中と一番下がバッグの側面になります。

■筆者は、目が悪いため重要な箇所に「しつけ糸目印を付けます。

目立つ色であれば「何色」を使っても大丈夫です。

★同色系は、避けた方が無難です。

スポンサーリンク

縫い付けていきます。

【バッグの口を縫っていきます】

①                   ②

 ⇒ 

■一つ折り返します。→→ ■もう一つ折り返します。

 【ジーンズの裾上げ】と同じです。

「マチ針」で止めて、「しつけ糸」で縫っていきます。

★ギンガムチェックの目に沿って行くとキレイに仕上がります。

【ミシンで縫います】

■ギンガムチェックの白い箇所の真ん中を中心に縫っていきます。

☆上からのショット~♪

スポンサーリンク

裏地を縫っていく

■生地が薄いので裏地になる不織布を縫っていきます。

表と裏あるので要注意!

■ミシンで縫います。

★筆者は、裾上げが得意なので「マチ針」を打ってそのまま縫っています。

★心配な方は、「しつけ糸」で固定してから縫って下さいね(^^♪

■バッグの「底」は家に有った不織布を縫い付けました。

★底は、汚れ易いので薄くて防水力のある裏地です。

スポンサーリンク

持ち手の取り付け

■持ち手は、カバンテープを取り付けます。

「マチ針」を打って取り付けの位置を確認します。

「しつけ糸」でしっかり固定してミシンで縫います。

★「茶色」のミシン糸なので、白いステッチの上を縫わない様に注意!!

【ポイント】

①ミシンで真っ直ぐ縫えない場合は、無地の物を選んで作りましょうね(^^♪

②「持ち手」や「ポケット」「刺繍」等は、この時に付けましょう♪

【ポイント】

 重要な部分になります。

  

■「持ち手」は、取れやすい部分なのでミシンで4往復させる。

★写真の部分をしっかり4往復させます。

バッグの形にする前に「しつけ糸」「リッパー」or「糸切りバサミ」で取り除きます。

■ようやく「側面」が出来ましたョ~♪

スポンサーリンク

いよいよ「バッグ」の形に縫います

■バッグの「底」「側面」を縫い付けていきます。

「底」「側面」の模様を見ながら「しつけ糸」で縫っていきます。

■ミシンで縫いました。

■「しつけ糸」を取り除きます。

■裏返します。

■やっと「バッグ」らしくなってきましたね(^^♪

でも…輪郭がなんとなくヨレていますよね?!

■内側の端の処理をしながら、「型」を調えます。

「バイヤステープ」「毛羽立ち」を隠します。

【最大のポイント】

★ここで先のミシンで縫い付けた「内側1mm」に赤い「しつけ糸」で更に縫う。

★赤い「しつけ糸」の上をそのままミシンで縫っていきます。

■裏面もしっかり出来たら、表に返します。

スポンサーリンク

出来上がり

出来上がりましたョ~(#^.^#)

スポンサーリンク

あとがき

私の息子は、現在高2で、保育園の入園の頃から14~15年も経ってしまいました。

タイトルでは「初めての~」ですけど、正確には「久々の~」でしたね(^^;

なのに、この出来栄えで良いのかな?!(笑)

常に「お裁縫」をしている方から、見たら未熟だし、順番待ち変えていたりですね(^^)

ここは、「こうだよ~♪」と言うご意見があれば、自由にコメントを下さいませです。

久々の「お裁縫」でしたが、又、閃いたら「作ってみたいな」と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする