【レオパレス21】施工不良問題は何故起きたのか?会員制度が原因か?!

全国規模で問題視されている【レオパレス問題】ついて、釈然としない方も多いと思います。

業績を上げるために繰り返されたと思われる記述を読むことが出来た。

17年も経ってから叫ばれる事態になった事が腑に落ちなかったのですが、なるほどそういう仕組みだったのか!?

レオパレス問題に疑問を持つ方も、少なくないと思うため調べた事を解説してみようと思います。

スポンサーリンク

問題の概要

引用:https://news.yahoo.co.jp

先ず、整理して考えたいのは何が問題であるか?を箇条書きにしてみました。

■外壁の施工が国の定める基準に満たしていない。

■隣の部屋との遮音性能が基準を満たしていない。

■天井になる部分を二重にしていない、耐火基準を満たしていない。

■立て直しをするのは良いのだが、3月末までの強引な立ち退き要請をしている。

■最悪なケースは、更新手続きを申し込んだが3日で退去させられた被害者がいる。

■今回の問題があらわになり、オーナー(大家さん)との信頼関係が揺らいでいる。

■1996年~2001年の5年間の施工であるのに17年たった今問題が発覚したのか?

上記以外にも問題は、ありますが大まかに分けていると解釈して頂きたいと思います。

スポンサーリンク

独自の会員制度

それは、レオパレス21が大きく業績を伸ばしていた時期に重なる。
1980年代後半から2005年まで、レオパレス21の賃貸住宅は特殊な会員制度をとっていた。
それは、敷金、礼金、仲介手数料が不要で、保証人もいらない。その代わり、入居者はレオパレス21の会員となり、会員カードを取得することを条件とするもの。会員カードには、クレジット機能が付き、会員になるためには審査が必要になる。この審査で、個人の信用度をはかって、部屋を貸す仕組み。だから、保証人が不要となっていた。
会員になるためには、入会金と年会費が必要。その額は、私が取材した2003年当時で入会金15万円から20万円、年会費は2万数千円だった(北海道や一部地域はもう少し安かった)。

引用:https://news.yahoo.co.jp

■敷金、礼金、仲介手数料が要らない

■保証人も要らない

上記の記載が、真っ先に目に入りましたね。

というのも、筆者の年齢になってくると親世代がいないという事が様々な高額の買い物時について回る「保証人」が少なくなることを考えました。

兄弟の仲がいい方は大丈夫かも知れないが、一人っ子であったり、親兄弟がいないという人も少なくない。

連帯保証人、保証人が必要な物件が多い世の中ですと綺麗で新しい住まいを探すのは難しいのである。

トイレや水回りの施工が、古い昭和世代の古民家を借りるのがせいぜいな友人などは「綺麗な賃貸物件を見つけた」と喜んでいました。

「退去要請はあったのか?」と、ついでだったので聞いてみましたが「今はない」というが?

スポンサーリンク

会員制度に疑問

入会金と年会費を払い続けることで、敷金・礼金は不要。レオパレス21の賃貸から他のレオパレス21物件に引っ越すときは、新たな入会金は不要。年会費を払い続けることで、賃貸暮らしを続けることができる、という制度だ。
つまり、レオパレス21の賃貸物件を渡り歩いている限り、敷金・礼金を払うことはなくなる。その代わり、年会費を払い続けるというシステムである。
入会金と年会費は、退会するときも返還されないため、レオパレスから他社の賃貸への変更がしにくくなっていた。

引用:https://news.yahoo.co.jp

この記述を読んで「一生涯レオパレスの賃貸物件で暮らすことになるのか?」という疑問に行きつきました。

そして、友人に【住みやすさ】について尋ねてみる事と?

「壁は薄いね」「隣の声が聞こえてしまうな」と言う。

「そういう面(プライバシー面)では、昭和時代の建物の方がしっかりしている」と言う意見も聞くことになった。

一生住み続けたい物件か?なども聞いてみると「自分は、仕方ないが若い衆にはおススメしない」との本音も出ました。

スポンサーリンク

画期的なシステムが売りだったのに…

レオパレス21は、敷金・礼金が必要という旧態依然とした日本の賃貸システムに一石を投じた変革者だった。有名タレントを次々に起用したCMも画期的だった。それだけに、今回の騒動に唖然としている人は少なくない。このような裏切りはして欲しくなかった。

引用:https://news.yahoo.co.jp

確かに、今回の施工不良問題がなければ、これほど大きく取沙汰になるとは思いませんでした。

実際に、上記までの文面から分かって頂けると思いますが・・・。

「綺麗な住居に保証人なしで暮らせる」というメリットが揺らいでしまった事になります。

しかし、施工不良物件で安心神話が崩壊してしまった。

騒音トラブル」は、何処かで折り合いをつけていけたかと思いますが。

安心して暮らせる保証がなくなってしまった形になる。

ついの住処にと喜んでいた友人も「いつ追い出されるのか分からない」という。

レオパレスの躍進で昭和の建物が軽視されてしまい取り壊されていく物件もあったという。

「保証人要らずの物件を」求めてレオパレスの制度を信用してオーナー(大家さん)になった方も少なくないともいう。

「このままでは、家賃を下げても住んでくれる人が減り空き物件が増えるのではないか?」と心配するオーナーさん側の信頼も損ねてしまった事になってしまいました。

スポンサーリンク

~追記・ネットの反応

レオパレス終了
一年前にも同じような問題があった時は
ネットの批判記事や書き込みなどは
何らかの方法で丁寧に削除したみたいだけど
今度はそうはいかないからね
日本で一番悪質な会社と言っても過言ではない
これだけ悪質に法令を遵守しない会社は
社会から退場すべきだよ

様商売のレオパレスは、つぶれた方が良いと思う。
隣の部屋の屁まで聞こえる部屋を提供するレオパレス。

やっぱりレオパレスは一回潰れるべきだね。
一回借りたことあるけどマジ壁薄すぎる。
ただ、潰れると保障問題があるしなぁ

壁が薄いとは聞いていたけど、隣の部屋の人がティッシュを取ったときのシュッっていう音が聞こえたときはさすがに度肝を抜かれた

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

関連ニュース

【レオパレス問題】オーナー怒りの説明会に社長不在・住人からも~3月に転居無理!!

【怒り心頭】レオパレス21施工不良で強制退去?住人の生活保障・確保できるのか疑問が拭えない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする