【あおり運転】内田慶太容疑者の職業は「刑務官」口論の末けがをさせ容疑を認め逮捕

12日の夕方、名古屋市においてあおり運転の上男性会社員(38)にけがを負わせる容疑で【内田慶太容疑者(31)】が逮捕されました。

昨年より、問題視されている中での犯行が繰り返される【あおり運転】ですが。

事件を起こした内田容疑者の職業が【名古屋刑務所:刑務官】という事実にも驚きを隠せません。

今回の事件にについて詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 事件の概要

引用:www.news24.jp

逮捕されたのは名古屋刑務所の刑務官・内田慶太容疑者。警察によると内田容疑者は12日夕方、名古屋市瑞穂区の路上で車を急発進させ、直前まで口論していた相手の男性を転倒させてけがをさせた疑いがもたれている。

引用:www.news24.jp

昨年、東名高速において未成年の子どもの両親を【あおり運転】により死亡させてしまう事故が起きてから問題視される事件ですが。

先の事件をきっかけに、ドライブレコーダーを搭載するドライバーも増えた事により全国で問題視されている。

命を奪いかねない危険極まりない【あおり運転】の事件を起こした上に会社員の男性(38)にけがを負わせた内田慶太容疑者の職業を聞いて更に驚いてしまいます。

なんと!名古屋刑務所の刑務官を務めているという。

仕事でのストレスがあったかは定かではありませんが何故このような行為に及ぶのかを考えてしまいます。

急発進直後に近くで事故を起こし、警察に逮捕された。調べに対して容疑を認めているという。

引用:www.news24.jp

上記を見るだけでも、危険であり命を奪いかねない行為ですね。

違反行為であると逃げたのだと思います。

結局は、抑制出来ずに事故を起こしてしまう程、気持ちが高ぶっていたと推測される。

「早く家に帰りたかった」と容疑を認めたという。

もう、逃げ切れないことは、自身の職業からも理解できるからこそ容疑を認めたのだと思います。

スポンサーリンク

内田慶太プロフィール

■名前/内田慶太(うちだけいた)

■年齢/31才

■住所/不詳

■職業/名古屋刑務所の刑務官

注)内田慶太容疑者の顔画像は、見つかりませんでした。

更に調べて、分かり次第掲載したいと思います。

Facebook等のアカウントについても調べてみましたが、類似しているものがあり特定には至りませんでした。

後日、見つかり次第に掲載したいと思います。

スポンサーリンク

事故現場について

引用:https://www.google.com

スポンサーリンク

あおり運転に遭ったら

あおり運転は、なぜ起きるのか?

メカニズムはどんな仕組みだろうかと、抜本的な対処方法がないのかを探していました

こんな記述を見つけました。

「ロードレイジ」という外国の映画のタイトルから、呼び名となったが

運転中にストレスを抱えたその「ウップン」を、かっこよく「ロードレイジ」と言い換えてみても

根本的な解決策は、見つかりませんでした。

ですが、1つだけ可能性のある方法がない訳でもですよ(^^)/

下記に注目されたし!!

アンガーマネージメント・アンガーコントロールについて

アンガーマネージメント(アンガーコントロール)と言う「怒りの抑制」を自分自身で行うことは可能なのではないか?

という記述を見つけました。←必ずしも有効とは言えないので要注意を

【実践してみましょう】

■普段の平常心の利くときに、鏡の前で怒ったり笑ったりします。

■怒った顔の時に深呼吸をしながら笑顔に戻る練習をします。

■これを時間のある時や、朝一番に洗顔の時などに1~2回行う習慣をつけていきます。

■慣れてきましたら、実際に腹が立つときに練習した深呼吸を行うことで怒りを鎮めていく。

しかし、これらは自分自身の感情をコントロールするものですし…。

相手がいての事柄ですので、身の危険を感じましたら下記の通りに避難してください。

身の危険を感じた時の対処法

安全な場所へ自動車を停車させて「110番通報」をするより仕方がないのが現状のようです。

■絡まれそうになっても、窓を開けずに一切の受けごたえをしない。

■スマホ・携帯電話で様子を撮影する

上記の対策でシラミ潰しにしていくしかないのだそうです。

国土交通省のホームページで更に詳しく知りたい方はこちら

スポンサーリンク

ネットの反応

成るべくして成った結果だな。運転みてると粗っぽいのいる。 まずは相手しない。降りてきたら車をロック。警察に電話。後はドラレコ。

警察組織の一端だろ。
自覚がなさ過ぎる。厳罰化して欲しい。
あおり運転する奴は、たいてい常習化してる。

同僚から番号で呼ばれるようになっちまったか

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする