【殺人事件】息子の乾誠悟容疑者・マタニティクリニック院長を絞殺・殺人の容疑で逮捕

12日午後5時ごろ、医師でマタニティクリニック院長の乾裕昭さん(69)が併設する自宅で、息子に、首を絞められ死亡するという事件が起きました。

息子の乾誠悟容疑者(34)は、駆け付けた警察官に「自分でやった」と容疑を認めている。

福島県・郡山警察署では、13日未明に【殺人未遂容疑】から【殺人容疑】に切り替え動機などを調べている。

この事件についての全容を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:www.news24.jp

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、郡山市の無職・乾誠悟容疑者(34)。乾容疑者は12日午後5時ごろ、父親が経営する産婦人科クリニックの3階にある自宅で、父親で院長の裕昭さん(69)の首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれている。

裕昭さんの妻が2人が争っているのに気づき、「息子が夫の首を絞めた」と通報し、駆け付けた警察官が乾容疑者を逮捕した。

裕昭さんは、その後、搬送先で死亡が確認された。
乾容疑者は、「俺が殺した」と話していて、警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進める方針。

引用:www.news24.jp

犯行に至った理由・動機

■犯行に至った理由・動機が徐々に明らかになってきました。

引用:https://www.fnn.jp

捜査関係者によると、誠悟容疑者は事件当時、自宅に帰省していて、調べに対し、「定職に就かないことを父親に指摘され、腹が立った」などと供述していることがわかった。

警察では、生活態度をめぐる口論が事件の引き金になったとみて、14日午後に送検し、犯行の動機や経緯をくわしく調べることにしている。

引用:https://www.fnn.jp

父親の裕昭さんが偉大な人である事から萎縮してしまい職種を選ぶことが難しかったのかもしれなかったのかもしれません。

医者の息子となれば焦りやプレッシャーを感じていたと思いますし、触れて欲しくない事柄だったとしても…。

このような悲劇が起きてしまうことは残念ですね。

医療の現場で、産婦人科医は少なく少子化の一因とも言われています。

絞殺された父親の乾裕昭さんは、産婦人科医としての評判の良いお医者様だったそうです。

そんな中でのショッキングな事件に、驚きと悲しみを覚えます。

乾誠悟容疑者プロフィール

引用:www.news24.jp

■名前/乾誠悟(いぬいせいご)

■年齢/34歳

■在住/福島県郡山市並木3丁目

■職業/無職

注)顔画像は入手次第になります。

Facebook等についても調べましたが特定できませんでした。

後日に、分かり次第に加筆したいと思います。

スポンサーリンク

亡くなられた乾裕昭さんは、地元でも有名な産婦人科医で【不妊治療】等に尽力していた。

功績がとにかく素晴らしいので、殺害の情報の前に

どんな活躍をした方なのかを先にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

亡くなった乾裕昭さんの功績

引用:https://news.tv-asahi

乾裕昭さんプロフィール

■名前/乾裕昭

■年齢/69歳

■出身/静岡県清水市

■在住/福島県郡山市並木3丁目

■職業/乾マタニティクリニック医院長

■資格/医学博士/日本産婦人科学会専門医/日本臨床細胞学会指導医/

■国際細胞学会指導医/ソフロロジー分娩法上級指導医/日本不妊学会会員/

■日本受精着床学会会員/日本臨床細胞学会功労会員

乾マタニティクリニック

引用:www.news24.jp

乾マタニティクリニックへのアクセス

乾マタニティクリニックのホームページを見るなどして、亡くなられた産婦人科医の乾院長について調べました。

上記の功績だけでも凄い方なのだと知ることが出来ますね。

これだけの肩書があるからと言ってもおごり高ぶることなく。

妊婦さんをはじめ女性特有のデリケートな悩みにも、患者さんと同じ目線で診察をしてくれる優しいお医者様だったそうです。

特に子供を授かりたくても、出来ない方の【不妊治療】に力を注いでいたようですね。

筆者も、不妊治療の経験がありますが、かなりの痛みや倦怠感との戦いなんですよ。

そういった患者さんと向き合うことの出来るお医者さんが、このような形での死を迎えることの悲しさは図り知れない。

この記事を書くのを何度も躊躇しながら、書いては消しての繰り返しをしました。

殺害した息子である乾誠悟容疑者との間に何があったかは、分かりませんが

このような事件が起きてとても残念に思いました。

スポンサーリンク

ネットでの反応

医者の親子間での殺人事件って、結構あったような気がする。親が医者で、その子供が医者になれなかったケースに多いのでは。

病院だと、入院してる患者さんとか困るよね…
大きい病院なら、他にも数人医師がいたりするけど、個人病院だと、転院の手配とかしなきゃいけないし、週数によっては受け入れ側が拒否するかもしれないし。

ただの無職でも大変というのに、医者の開業医の息子となれば…
今までのプレッシャーとかいろんな感情が表に出てしまったのかなぁ

引用:www.news24.jp

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする