【男性死亡 】ひき逃げなどの疑いで田中由紀子(66)容疑者逮捕~容疑を否認・茨城・取手市

4月2日、茨城県取手市の市道で近くに住む男性を乗用車ではねて死亡させる事故がありました。

救護義務をせずに、そのまま逃走したとして、66歳のアルバイトの田中由紀子容疑者が逮捕されました。

容疑を否認しているそうですが、何故、田中由紀子容疑者が浮上したのかが気になり、この事故について調べてみようと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

引用:https://news.tbs.co.jp

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、取手市のアルバイト・田中由紀子容疑者(66)です。田中容疑者は今月2日午後8時半ごろ、取手市の市道で路上にいた近くに住む無職・西村修さん(67)を乗用車ではね、そのまま逃走した疑いが持たれています。西村さんは病院に運ばれましたが、胸を強く打っていて、まもなく死亡が確認されました。

警察が現場周辺の聞き込みなどをして、田中容疑者が浮上したということですが、調べに対して容疑を否認しているということです。警察が事故の経緯を詳しく調べています。

引用:https://news.tbs.co.jp

中高年世代による乗用車による事故がクローズアップされていますが、事故の詳細が明らかになっていない事から。

警察にしか分からない情報もあるのだと予測できますね。

乗用車に跳ねた痕跡などが残るのが一般的ではありますが、まだ報道には明かされていないようです。

詳細が分かり次第に、追記していこうと思います。

スポンサーリンク

事故の現場

茨城・取手市の市道

スポンサーリンク

ネットの反応

■引いた人が100%悪いけど、超高齢化社会になって車運転するのも歩いてる人もご年配の方となるとお互いに判断能力、動きが遅い、視野が狭く音にも気付かないということがあると思う。道を歩くご年配の方は本当に危ない場面が多く、しかも本人にその意識がなかったり堂々と道の真ん中をゆっくりと歩いていることも多々ある。そうなってくると事故を起こしてしまう確率が高いと思う。
今回の女性は否定しているのがまず問題だけれども、事故に関しては今後どんどん増えるし、運転しにくい夜の中になっていることを最近特に実感しています

明日は我が身。
事故を起こしたくて起こすのではないが、逃げる事は1番してはいけない。
自分の母親も同じような歳だが、気をつけてもらいたい。

車に事故の痕跡とか残ってると思うが、それでも否認して逃れるとでも思ってるのかな?嘘や言い訳ばっかりしてないで認めた方がいい。

■極刑に処して下さい。

■何故逃げるのだろう。

怖くなって逃げた
何かに乗り上げたが、物かと思った

安定の供述でしょうな(~_~;)

物的証拠調べたら分かるから、否認しても無駄でしょう。
まったく、反省してないね。
極刑にして下さい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

皆さんが言われる通りの感想です。

今の日本の警察は、証拠なしに逮捕に踏み切る事はまれであることから、物的証拠が出れば否認を続けていると更に重い罪に成りえます。

人一人の命が奪われたわけです。

運転操作の誤りでの事故だとしても、早急に手当てや救急車を呼ぶこともできたはず。

命が助かった可能性もあるので、真摯な対応を望んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする