【パソコン初心者必見】私はこんな記事でアドセンス審査合格しました2018年12月

お疲れ様です!!

アドセンス審査に合格したばかりです。

アドセンス審査に合格するまでの4ヶ月長かった。

6回目にしての合格でスタートラインに立ったばかりですが、パソコン初心者だからこそ書ける事をお伝えしたいと思っています。

未だ、合格出来ずに悩み続けて、このページを訪れている貴方のお役に立てれば幸いに思います。

では、どんな記事を書いて「合格した」のか。

そして、どんな記事がダメだったのかを書いていきます。

スポンサーリンク

期間と不合格の回数

はい!私が、初めてアドセンス申請をしたのは2018年8月下旬の事です。

パソコンは専門用語の意味を調べなければ分からないくらいの「超ど素人」で、今も同じです。

不合格の回数は5回でした。

スポンサーリンク

不合格の記事の例

5回も不合格(*ノωノ)

いったい…どうすればこんな状態になるのか?

不合格の連続の間は、まったく気付いていなかったのですが。

背伸びをしてニュース記事を拾っては「自分の意見を書き連ねる」と言う(^^;

しかも、文章の構成も全く「何を伝えたいのか」がまとまっていない記事ばかりでした。

スポンサーリンク

何故4ヶ月かかったのか

4ヶ月で6回の申請って、回数が少なくないと思うのですが。

実は、11月の1ヶ月間は「全く記事を書いていないのです」

それは、筆者である私の子どもや主人に体調不良が続きまして「記事の作成時間」が十分に取れなかったのです。

そうするとパソコンを開かなかったのか?

いいえ、そうではありません。

逆に6回のアドセンス申請のために1日4~6時間パソコン漬けであった事から「子ども」や「主人」の体調の崩れる度に【対処法を調べる】という1ヶ月間を過ごしていたのです。

そして、気が付きました。

Googleのいう「価値のある記事」の意味が実体験で知る事になったのです。

パソコンを開き、ググって調べる!!

それこそが、答えなのだという事なんですよ。

そこで、家族の看病や調べ事があると じっくりと訪れたページの隅々まで2度見?3度見??(苦笑)

徹底して広告の貼ってある記事を読み込み私なりの情報提供を考えたのでした。

スポンサーリンク

どんな記事で合格したのか

今度こそ「合格したい」と思う方は、私のページの隅々までご覧になって行ってください(笑)

稚拙ながら、自分の得意分野の情報提供をしっかりしているのがお分かりいただけると思います。

例え①得意の料理のレシピです。

アドセンスに合格するには「写真がタブー」と言われていますが?

いったい何枚貼れば気が済むのか(笑)

鬼の如く貼られていますけれど「しっかり広告」が貼られていますね(^^♪

提供する情報次第では「写真」でなければ説明が出来ない事柄が満載の世の中で「写真がタブー」とは、Googleでは一言も書いてありませんね( *´艸`)

例え②趣味の裁縫とクラフト

これも、料理と一緒です。

裁縫も、クラフトもお金さえ出せば買える時代です。

ですが「こんな物を探したけど見付からない」だから自分で作ろう!!

私には、負担のない日々の生活の一部を紹介しています。

1000文字に達していない文章もありますし、9記事と中途半端な時数で臨みましたが

Googleから合格通知が届きました。

稚拙であっても、何をどのように伝えるかが大切なのではないのでしょうか?

スポンサーリンク

最後に

2018年も師走を迎え1ヶ月も時はありません。

頑張っても「なかなか合格出来ない」貴方へ、

生まれたてのヒヨコのような…この記事が、合格のヒントになればと思っています。

負けないで!!

頑張ってアドセンス取得出来る事を願って止みません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする