【殺人未遂事件】足柄SAで交通トラブル・切りつけた西山裕樹容疑者逮捕~顔画像は?動機は?

22日夜、静岡県小山町の東名高速道路のサービスエリアで、交通上のトラブルから口論になった男性に切りつけ。

トラック運転手の西山裕樹容疑者(37)が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

どの様なトラブルで口論になったのか?

そして、このような悲しい事件がどうして起きてしまうのかを調査したいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:https://news.tbs.co.jp

西山容疑者は22日午後9時40分ごろ、東名下り線のサービスエリアの駐車場で、トラック運転手の男性と口論となり、持っていた刃物で被害者の首に切りつけた疑いがもたれています。被害者は命に別状はありません。

警察によりますと、西山容疑者は東名を走行中に被害者のトラックが割り込んできたことに腹を立て、サービスエリアまで追いかけたと話しているということです。

西山容疑者は、運転席に乗っていた被害者に切りつけたということです。

引用:https://news.tbs.co.jp

交通トラブルの発端は、大体ではありますが「割り込まれた」事に腹を立てるケースが多いように思います。

そんなにも悔しい事柄でしょうか?

しっかりした職業に就いているのに人生を狂わせてしまう事に気付いたなら、相手を傷つけずに済んだハズです。

この様な事件が起きないようにするにはどうしたら良いのかを考えたいですね。

スポンサーリンク

プロフィール

■名前:西山裕樹(にしやまひろき)

■年齢:37歳

■住所:大阪府大阪市

■職業:トラック運転手

顔画像については、現在報道されていないため入手出来ませんでした。

SNS・Facebookについての調査も同姓同名が多数存在しており特定出来ませんでした。

見付かり次第に追記します。

スポンサーリンク

事件の現場

引用:https://news.tbs.co.jp

スポンサーリンク

運転中に激高してしまう理由

車に乗ったら別の人格が現れる!?

車を運転していると、イラッとしてしまうことが多い。無理な追い越しや危険運転に腹を立てるのは当たり前だが、思い返すと「自転車が邪魔」や「前の車が遅い」など様々なことに理不尽なイライラを感じることはないだろうか。ぶっちゃけ徒歩のときよりも車に乗っているときの方が短気になっているような気も……。

普段はあまり怒らない人でも、なぜ車に乗ると怒りっぽくなるのか。心理カウンセラーの五百田達成氏は、その理由を「車に乗ることよって別人格が生まれる」と説明する。

「車は日常生活で操ることができるものの中では最大級の大きさ。その物理的な大きさから、歩行者や自転車を“小物”扱いしてしまうのです。この理論で言えば、大きな車に乗っている人や高級車に乗っている人の方が、その車の価値を自分の価値と同一視して尊大になりがちとも言えます」

なるほど。「高級車に乗っている自分の運転を妨げるとは(怒)。激おこだぞっ! イライラ」という心理が無意識に生まれてしまっているわけか。無意識とはいえ、そんな嫌な奴にはなりたくない~。

「またもうひとつ考えるのは、車ならではの匿名性の高さ。運転手の顔も見えないし、誰が運転しているかも分からない状態なので、相手に対して感情をストレートにぶつけることができるのだと思います」

引用:https://www.carsensor.net

スポンサーリンク

ネットの反応

■これがアメリカなら銃で撃たれる、
という惨事も考えられただろうな。
近頃の危険運転はもちろんだが、
降車後の危険行為ももっと厳罰化してほしい。

■割り込みで腹が立った。割り込みなんか良くあるけど、その都度腹を立ててたら切りがない。それよりも何でナイフを持っているのか?訳が知りたい

■たったそれだけのことで?
…と思うかもしれないが、彼にとっては、とても重大なことだったんだろう。
ただしその代償は、間違いなく彼の思う範疇を超えて重くのしかかる。
ご愁傷様でした。

■長い人生の中で ほんの一瞬の出来事に過ぎないと思う。
そんな事で キレキレになったって
家族や仲間 遊び 仕事 お金 美味しいご飯
失う物や事の方が大きいし 人生もったいないよ。行動に移す前に冷静になって考えましょうよ。

■最近変なの多過ぎ
変な所でスピードの
取り締まりしてないで
警察は安全の為にもっと
巡回した方が良い。
ナイフなんて持ち歩くから
人を刺す事になるんだよ。

■今の運転免許取得と更新にロードレイジを抑止する有効な対策がなさすぎる

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

あとがき・余談ですが

皆さん、ピリ辛なコメントを残していますね。

私も、同じ意見です。

同様の事件の記事に、怒りをコントロールする「アンガーコントロール」について記載しています。

【あおり運転】内田慶太容疑者の職業は「刑務官」口論の末けがをさせ容疑を認め逮捕

上記・記事を参照

そちらも、併せて読んで頂けるとありがたいですね。

車が好きだからこそ「トラックの運転手」を職業に選んでいると思います。

決して人を傷つける目的でプロドライバーになる方はいないでしょう。

この様な、事件が後を絶たない現状では、免許取得時や更新の時に精神的な面も調べ「適性を考慮すべき」時代になったように思います。

この様な、悲しい事件を二度と出さない対策として運送会社でも、精神疾患がないか?健康面の検査を年度ごとに実施していくべきではないか?

そう、勝手に思う次第です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする