【amiibo】偽カード“販売”夫婦逮捕・塚本瑞穂容疑者と妻の香里容疑者~顔画像あり~

「任天堂」のゲームに使用する「amiibo」というカードの偽物を販売したとして、茨城県の35歳の夫婦が逮捕されました。

子どもの夢を壊しかねない事件ですね。

何故、このような事件に至った動機、そして顔画像を交えながら解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

引用:www.news24.jp

警察によると、逮捕された塚本瑞穂容疑者と妻の香里容疑者は去年7月から11月、「Nintendo」のロゴを無断で使用して、任天堂のゲーム機にかざすとゲームの中にキャラクターを登場させられる「amiibo」というカードの偽物を3人に5700円で販売し、商標権を侵害した疑いがもたれている。

2人は「スプラトゥーン2」など、人気ゲームのキャラクターに関するデータが入った偽カードをネットオークションで販売し、これまでに約70万円を売り上げていたという。

調べに対し2人は「手っ取り早くお金が欲しかった」「生活費のために夫と2人でやっていた」などと話し、容疑を認めているという。

引用:www.news24.jp

子ども達がこぞって欲しがるゲームで、このような事件が起きるのは、大変遺憾に思います。

人気商品であるからこその犯行だと分かりますが、その先にいる子どもたちをターゲットにする犯罪には保護者として許せない事です。

お小遣いを貯めて買ったものが「偽物」であると分かったらどんな気持ちになるのかを、頭を冷やして考え直して欲しいと思います。

スポンサーリンク

塚本夫婦のプロフィール

引用:www.news24.jp

■名前:塚本瑞穂(つかもとみずほ)

■年齢:35歳

■住所:茨城県行方市

■職業:現在調査中です。

引用:www.news24.jp

■名前:塚本香里(つかもとかおり)

■年齢:35歳

■住所:茨城県行方市

■職業:現在調査中

二人のSNS・Facebookについては現在調査中です。

分かり次第に追記します。

スポンサーリンク

事件の現場

■茨城県行方市~詳しい住所は現在調査中です

スポンサーリンク

ネットの反応

■生活費がほしいなら仕事しましょ。

■買う方にも問題あるわ。

■そもそもまだこれあったんだ

■夫婦揃って何やってんだか。
そんな内職するなら、普通に働けるでしょ。

■お馬鹿夫婦で仲は良さそうだけど、しばらくは別々の住処になるね。

■このカード作る労力、他で使え。きちんとした仕事しろ。

■働きなさい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

「ちゃんとした仕事をしなさい」というコメントが多かったですね。

私も、同じ意見です。

アンテナを張っていれば、おのずと自分に合った仕事や職場に恵まれるものです。

そして、子どもたちの目を欺いた事を十重に反省して欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする