【新元号カレンダー】2019年のカレンダーはどうなるの?新しい年号は、いつ発表されるの?

今年で「平成」が幕を閉じます。

新しい年号は、4月1日に発表されることが決まりました。

新しい元号に変わりゆくのにあたり「カレンダーはどうなるんだろう?」というフッと思いませんか?

それが既に販売され始めている来年のカレンダーですが?

新しい元号は発表されていないのにどんなカレンダーが店頭に並ぶのか気になります。

成最後のカレンダーを調べてみましょう(^^♪

「どんな違いがあるのか」に焦点を合わせて検証してみよう!!

スポンサーリンク

平成はいつまで?

2018年も後わずかになりました。

新しいカレンダーが店頭に並んでいます。

「平成最後の○○」の言葉が、テレビ・ラジオ・雑誌から見たり聞いたりの昨今。

って?!「平成」が最後の年なら「新しい年号」に代わるのに?

「新元号」が発表されていないのに「どうやって新しいカレンダーを作るのでしょう(;^ω^)」

いつ発表されて?

どんなカレンダーが出来て売られているんだろう??

これは、実際に「カレンダーを購入してみないと分かりませんね(; ・`д・´)」

しかし、いち早く知りたいので少しだけWebの力を借りて調べてみましょう!!

あ!と言う間に答えが見付かりました(^^♪

新しい元号に変わるのが、来年の5月1日である事が分かりました。

ですから平成は4月30日まで」となります。

これを調べた時に「どうして新学期の始まる4月1日ではないの?」疑問に思いませんか?

子どもの進学、進級を考えれば「ちょうど良い区切り」だと思うのに。

会社も3月末までに決算を終わらせて、4月には新入社員が入社する訳ですから4月に新しい元号に切り替えるのがシンプルと考えますよね

そう一般の主婦は、安易に考えてしまいます

どうやら会社の人事異動をスムーズにするためである事と選挙とが重なるため、政府と有識者による決定事項のようです。

天皇陛下の「国民に無理の生じない事」と私たち国民の事を配慮されたお考えが反映されているのですね。

新元号の発表は、元号が変わる日の1か月前であるという事も分かりました。

スポンサーリンク

新元号の発表が定まらない!?

この記事を書いた事とは、異なる「新元号」発表時期が延期、若しくは4月1日以降らしいニュースが飛び込んできました。

ひょっとしたら?

前日の発表になるやも知れない??

一国民として、1日も早く「新しい元号」の発表を待ち望んでいますが…。

とてもデリケートな事柄ですから仕方がないのだと思います。

と?!言うと、ひょっとして未だに「元号が定まっていない」可能性もなくはないでしょうか?

出来る限り調べたのですが、何時、どのように「新年号」が発表されるのかが分かりませんでした。

力不足で、申し訳なく思います。

ですが、国民に関わる一大事な事柄ですから。

きっと、私たち国民の納得のいく形での発表をお考えなのでしょう。

快く待ちたいですね。

スポンサーリンク

カレンダーはどうなりますか?

新しい元号が分かるまで待たずに店頭に並ぶカレンダー、 果たしてどんな工夫がなされているのかが気になりますよね。

実際に「2019年カレンダー」を購入して

何処が違うのかを見比べてみましょう(^^)/

 毎年、購入しているカレンダーです。天体好きです♪

上記の2019年版カレンダー2018年版カレンダーで違いを検証してみましょう(^^♪

今年(2018年)のカレンダーは「11月・12月」の2枚しか残っていません。

なので11月を見比べてみましょう!!

 2018年11月の貴重なカレンダー♪

スポンサーリンク

カレンダーを見比べて検証しましょう

では、写真を見比べてみましょう!!

 【2018年11月】

上記の写真には「平成30年 霜月 11 2018 NOVEMBER」と記載されていますね。

 【2019年11月】

なんと!!2019年のカレンダーには「元号」がありません!!

「霜月 2019 11 NOVEMBER」とアッサリしています。

でも、調べたのが11月ですからね!

「平成」の文字を探すために2019年1月を見てみましょう!!

【2019年1月】

全てを統一するためかやはり「平成」も書いてありませんでした。

新元号が分からないので仕方のない「苦肉の策」ともいう形で出来上がった…。

と…しか言えません…カレンダー製作に苦慮した事が「ハッキリ」としていますね(^^;

スポンサーリンク

4月・5月にスポットを当ててみましょう

先ずは、平成最後の日を見てみましょう。

 【2019年4月30日】

退位の日と書かれています。

Webで調べるより、こうして直にカレンダーを見て「あぁ、今の天皇陛下が退位なされるのだな…。

心の中がしんみりとします。

永きに渡る激務に最後まで「国民の為」にご公務に励まれた事が、走馬灯のように思い出されます。

退位後は、静かな暮らしを楽しんで頂きたいと思います。

翌日の5月1日が気になります。

早速見てみましょう!!

 【2019年5月1日】

翌日には即位の日と明記されています。

「現在の皇太子さま即位する」訳ですね。

今現段階では「新元号」が分かりませんが、きっとお祝いムードに包まれる事でしょう(*‘∀‘)

益々、新しい元号を知りたくなりますね(*^^*)

Web、テレビ等からの情報ですが大型連休も2019年は、私たち国民に退位と即位を観る事が出来るようにとの配慮がなされるそうです。

ここで注目したい写真を見てみましょう!

 ピンぼけで…読みにくくてスミマセンm(__)m

【祝日法の改正やその他の事情により、祝日・休日・行事名称が一部変更になる事があります】と書かれています。

他のカレンダーも見てみよう!

 こちらもスケジュール管理に毎年購入(^^♪

100円shopで購入しているカレンダーも参考に見てみましょうね♪

 【2019年5月】

先ほど、気になった注意書きの部分を見比べてみましょう。

簡単に書いてはありますが【法改正にともない、祝日、休日が変わる場合があります。】と明記してあります。

やはり、現段階(2018年11月)では、詳しい事は、政府や有識者のみしか分からないようです。

このままですと…楽しみにしている大型連休のレジャーや、予定が立てにくいですね…。

家族サービスのチャンスの時ですから、ここは4月・5月の連休の部分を検証しないといけませんね♪

 【2019年4月】

気になる4月の下旬をズームしてみました。

卓上カレンダーですと詳しく書かれていません…。

それでは、天体カレンダーをもう一度見てみましょう!!

 【2019年4月30日】天体カレンダーより

先ほどの来年の4月30日にスポットを当ててみましょう!

30日は、黒い文字で書かれていますが【退位の日】と書かれているだけでなく!日の丸が書かれていますよ?!

やはり、国民の関心度を考えると「休日」にして、「国民で陛下が退位されるご様子を見届けたい」と言う心理を国が考えないとは思えません!!

やはり!…ここは休日にすべきでしょう(^^)/←休みのワードに過剰に反応してます(^^;

そして、気になる5月1日の写真も見ましょう!!

 【2019年5月1日】天体カレンダーより

5月1日にも「日の丸」が印刷されていますョ♪

皇太子さま「即位」されるのも「この目に焼き付けたい!」と言う国民の心理を考えられてのマークと受け取るべきでは??

すると、「5月1日も休日にすべきでしょう(^^♪」←休日大好きですから(笑)

あくまで、予想ですが4月30日5月1日は休日になると予想します。

2連休となる可能性が出て来ましたね(*^^*)

そうなると、仮定した場合5月1日5月3日憲法記念日で祝日である事は「明確」ですから、祝日に挟まれた2日は「国民の休日」になると言う訳です!!

それでは、大型連休は4月27日(土)~5月6日(月)まで、10連休になる可能性が出てきましたね(^^♪

4月27日~29日までの3日間で疲れを癒し。←いよいよ本音が出て来ましたよ(笑)

4月30日・5月1日の2日間は、退位即位される様子をテレビに張り付いて見守ります♪

皇太子さま即位を観ながら、国民も襟を正し!

翌2日~6日までの5日間に家族サービスの為にレジャーを楽しむ事が出来る(^^)/

予想が出来ますね♪

でも、これは筆者の予想なので留意されたし!!

上記の事が、しっかり分かるのは1ヶ月前ですからね!!

って?カレンダーをしっかり見ましたが…1ヶ月前は「エイプリルフール」ですよ??

まさか…冗談でした。

それは、あり得ない事ですが、少々物議を巻き起こす可能性…ありでしょうか?(^^;

4月1日ではなく、3月31日に【新元号】の発表されると思いますので、その様な事はないでしょう。

発表は、2019年4月1日に発表される事が決まりました。

調べるに連れて、元号が変わる事から2019年カレンダーは、例年よりも作り難かったようですね。

スポンサーリンク

まとめ

カレンダーは、生活に欠かせないものです。

業界では「分かり易い」事に重点をおいているためか?

「分からない事は、注意書きをして対応」していますね。

消費者の一人として、改めてカレンダー業界の方々の苦労の上で制作されている事が分かりました。

何時もは何気なく見て来たカレンダーも少し違った角度から見れるようになるチャンスでもありました。

最新のニュース

【熱せん妄】異常行動から子供を守るには?!インフルエンザ猛威・1週間で50万人増える

【乾燥注意】カラカラ天気【だらだら冬将軍】いつまで居座る?【北日本・大雪】と【関東平野・火災】

過去のニュース

【主婦必見】秋刀魚の美味しく食べるには?焼く前の下ごしらえが決め手!

スポンサーリンク

1日1日を、大切にして過ごしたいですね。